豆知識

キッザニアは何歳から何歳まで楽しめる?デビューにおすすめのタイミングは?

この記事では、キッザニアデビューにおすすめの年齢や、タイミングについて書いていきます。

キッザニアに初めて行くタイミングって、迷いますよね。

キッザニアでアクティビティ体験ができる年齢は3歳~15歳と幅広いですが、

制限年齢ギリギリのお子さんを連れて行かれる方の中には、

うちの子、連れてって楽しめるかしら?

なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

小さなお子さんを連れて行くとなると、

  • ちゃんとお仕事出来るのだろうか?
  • システムが理解出来るだろうか?
  • 親と離れるなんて、大丈夫だろうか?

なんて不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

逆に、中学生くらいの大きいお子さんを連れていく場合には

  • この年齢でも楽しめるものがあるのだろうか?
  • 周囲が小さい子ばかりだったらどうしよう?

なんて不安に思う方もいらっしゃるかも知れませんね。

今回は、そんな不安を解消できるような、キッザニアデビューに最適な条件やおすすめプログラムについて書いていきたいと思います。

遊子
遊子
ということで今回は、キッザニアを楽しめる年齢について書いてくよー!

キッザニアで遊べるのは何歳から何歳まで?

キッザニアでアクティビティの体験ができる年齢は、上記でも書いた通り

3歳~15歳です。

しかし、この年齢内のお子さん全てが楽しめるかというと、お子さんの性格や気質によるところが大きい部分があります。

キッザニアを一番楽しめるのは、小学生くらいと言われています。

では、未就学児や中学生は楽しむことが出来ないのか?この後詳しく書いていきたいと思います。

未就学児のキッザニアデビューにおすすめの年齢とタイミング

お子さんが3歳になったら「すぐにでもキッザニアに行きたい」なんて思う方もいらっしゃるかも知れませんね。

しかし、3歳になると同時に連れて行って楽しめる子とそうでない子が居るのです。

私が考える、キッザニアデビュー条件についてご紹介しておきたいと思います。

親と離れることが出来ること

キッザニアのパビリオン内には、基本大人の立ち入りが禁止されています。

アクティビティを体験している間は、親が横についてあげたり、手伝ってあげることは出来ません。

商店街や、ソフトクリームショップなど、一部すぐ横で見てあげるアクティビティもありますが、その場合も体験中の声かけなどは極力しないよう注意があります。

お父さん・お母さんのそばを離れただけで泣きたくなってしまうという場合は、無理せずもう少し先延ばしすることをおすすめします。

場所見知り・人見知りがひどくないこと

キッニアは、夜の街という設定です。

照明が少し薄暗くなっています。

その上、狭い園内にたくさんの人が居たり、火災現場では火(実際には電気ですが)が燃えていたりという、ちょっと特殊な環境です。

好奇心旺盛なお子さんなら、ワクワクしそうなところですが、場所見知り傾向の強いお子さんは戸惑うことも多いかも知れません。

その上、アクティビティ体験中は、初対面のスタッフさんにお手伝いをしてもらうことになります。

人見知り傾向が強く、お父さん・お母さんを恋しがってしまうタイプのお子さんには、少々辛い時間になってしまう可能性もあります。

子どもが興味を示していること

何より、これが一番のポイントではないかな?と思います。

お子さんが「やりたい」という気持ちを強く持っていたら、親と離れることも、抵抗が無くなる可能性があります。

キッザニアの動画やガイドブックなどを見せてみて、興味を示すかどうか?

「行きたい」、「やりたい」と言ってくれるかどうか?試してみてください。

その上で、「お仕事は、パパやママと一緒にやることが出来ないけど大丈夫かな?」など、きちんと対話をしてみてください。

不安な場合には、「園児限定のキッザニア」というイベント開催日にデビューするのもおすすめです。

その名の通り、参加者は全員小学生未満の子という条件があります。

小さいお子さんを連れた家庭ばかりということであれば、万一泣いてしまったりしても「お互い様」という気持ちで居られるのではないでしょうか?

また、入場人数も普段より少なめに設定されている上、スタッフの人数が多いなど、デビューに最適な環境が整っています。

>>>キッザニア東京の園児限定日を確認する<<<

>>>キッザニア甲子園の園児限定日を確認する<<<

「お仕事をこなせるかどうか」という問題については、パビリオンスタッフさんがきちんと対応して下さるので問題ありません。

実際、佐藤家の下の娘が3歳の誕生日にお菓子工場に参加した時には、出来るところまでは娘にやらせてくれ、後はスタッフさんが見本としてやってくださいました。

アクティビティ参加前後は、保護者がサポートしてあげれば全く問題ありません。

3~5歳くらいまでは、自分で時計を読んで行動したりするのは難しい年齢だと思いますので、お子さんのマネージャーになったつもりでサポートしてあげてください。

詳しいサポート方法については、下記の記事にまとめています。

キッザニアを楽しめるのは何歳まで?

年齢の高い子もキッザニアを楽しめる?

キッザニアを一番楽しめるのは、小学生くらいと言われています。

実際の客層も、5歳くらいから10歳くらいの年齢のお子さんが一番多いかな?という印象です。

では、小学校高学年~中学生は楽しめないかというと、そんなことはありません。

年齢の大きい子を連れていく場合は、社会科見学のようなつもりで、気になるお仕事を体験させてみてはいかがでしょう?

年齢の高い子を連れていく場合の注意点

年齢の高いお子さんを初めてキッザニアに連れていく場合、参加する曜日や時間帯に注意が必要です。

キッザニアの平日1部2部共に、主に幼稚園児や小学校低学年のお子さんが多いです。

回りが全員小さいお子さんばかりという状況だと、小学校高学年~中学生くらいのお子さんは恥ずかしくなってしまうかも知れません。

2度目、3度目になって「それでも行きたい」と言ってくれるなら良いですが、

最初は休日やホリデーシーズンなど、同じくらいの年齢のお子さんが多く居る時間を選べると良いかと思います。

また、日付は限定されてしまいますが、中学生限定のイベント「夢持たナイト」というイベントも開催されています。

日程が合えば、こういった機会にデビューしてみるのもおすすめですよ。

3歳の誕生日に連れて行った体験記

佐藤家の下の娘は、3歳の誕生日にキッザニアデビューしました。

キッザニアデビューのタイミングを迷っている方の為に、その時のエピソードをご紹介します。

体験したアクティビティ

3歳誕生日の日のジョブスケジュールカード
上の画像は、下の子が3歳の日に行った時の実際のJOBスケジュールカードです。

平日1部で参加し、体験したアクティビティは以下の通り。

  • お菓子工場
  • スポーツクラブ(アルバイト)
  • ソフトクリームショップ
  • 観光バスのお客さん(3回)
  • 画材屋
  • 病院(新生児室)

ピザショップと、おみこしパレードは、予約は取ったものの、リタイアしてしまいました。

喜んだアクティビティ

やらせてみて特に喜んだアクティビティは

  • お菓子工場
  • ソフトクリームショップ
  • 観光バスのお客さん

です。

特に観光バスのお客さんは気に入って、3回も利用していました。

本来、観光バスのお客さんはキッゾを支払って体験するアクティビティですが、誕生月に行ったため、無料で体験出来ました。

観光バスにはガラスが無く、ゆっくり走るため、親が歩いてついて行ってあげることが出来ます。

親と離れるのが不安なお子さんでも、安心して参加できますよ。

ソフトクリームショップ・画材屋さんも親がすぐ近くで見ていられるので、小さなお子さんにおすすめのアクティビティです。

3歳児を連れて行って苦労したことと失敗したこと

3歳の誕生日に娘をキッザニアに連れて行って、まず失敗したなと思ったことは、お菓子工場に並ばせたことでした。

お菓子工場は、キッザニア東京で1・2を争う人気アクティビティです。

入場と同時に並び始めないと、予約を取るのはほぼ不可能と言われています。

キッザニアに行く計画を立てた時に、次女が自分で「やりたい」と言ったので、入場と同時に並ばせたんです。

しかし、初めて行く場所、しかも薄暗く、親と離れて並ばなければいけないという異質な状況に戸惑ってしまったようで、遂に泣き出してしまったんです。

泣いたからといって、予約が取れる前に親の元へ帰ってきてしまっては、当然のことながら、お菓子工場を体験することは出来ません。

何とか上の娘になだめてもらって、予約を取ることは出来ましたが、ファーストミッションとしては厳しすぎたと反省しています。

2度目以降でどんな体験が出来るのか?ということも分かり、場所に慣れた状態であれば、泣かずに並ぶことも出来るようになってくると思います。

低年齢のお子さんを連れていく場合、最初からあまり欲張らないほうがいいかも知れませんね。

また、新生児室の体験は、赤ちゃんの人形を沐浴させるというお仕事があるのですが、

「赤ちゃんが重くて大変だった」と言っていました。

娘の3歳当時の身長は90cm弱。

自分の背丈の半分ほどもあるお人形を抱っこするのは、過酷なお仕事だったようですね(;^_^A

ピザショップ・おみこしについては、予約はしたものの、直前になって、「やっぱり難しそう、やりたくない」ということで、自らリタイアしています。

このあたりは、疲れ具合や気分に左右されやすいお年頃なので、仕方ないのかな?と思っています。

キッザニアを楽しめる年齢まとめ

キッザニアを楽しめる年齢について書いてみました。

キッザニアは、他の遊園地・テーマパークでは出来ない素晴らしい体験の出来るパークです。

それぞれの年齢に合った楽しみ方が出来るといいですね。

何より大切なのは、お子さんが自ら「行きたい」と思う気持ちではないかと思います。

私たち世代のお父さん・お母さんの中には、

「あんな遊園地、私の子どもの頃には無かった!!うちの子にぜひ行かせたい」

なんて思っている方もいらっしゃるかも知れません。
(何を隠そう、遊子もそんな風に思っていた1人な訳ですが。。。)

そこはグッとこらえて、お子さんの「行きたい」の気持ちを大切に育ててあげてください。

どんな年齢のお子さんでも「親に連れて来られた」体験より「自分が行きたいと思って連れてきてもらった」というほうが、楽しい体験になるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です