当日の過ごし方

キッザニア内での保護者の過ごし方と役割。子どもがお仕事体験中は何をして過ごす?

キッザニア東京ハンバーガーショップ体験の様子

この記事では、キッザニア入園後の保護者の過ごし方や役割について書いていきたいと思います。

既にこのサイトでも何度かお伝えしている通り、キッザニアでは、大人はアクティビティを体験することは出来ません。

「ただの付き添いなんてつまらないなぁ」なんて思う方もいらっしゃるかも知れません。

しかしキッザニアには、大人も楽しめる要素や、保護者の役割がたくさんあります。

初めてのお子さんや、低年齢のお子さんを連れて行く場合には、保護者がどう動くかによって、お子さんの体験価値が大きく変わることもあるんですよ。

遊子
遊子
ということで今回は、キッザニアでの保護者の過ごし方について書いてくよー!

保護者の楽しみ方

大人だって、ただの付き添いだけでは面白くありません。

この項目では、付き添いでキッザニアに行った大人の楽しみ方をご紹介します。

子どもの勇姿を写真におさめる

キッザニア東京ハンバーガーショップ体験の様子キッザニア東京ハンバーガーショップ体験の様子

キッザニアのほとんどのパビリオンには、大人や2歳以下のお子さんが入場することが出来ません。

しかし、すぐ近くで見守ることが出来たり、ガラス張りになっていて、目の前でお仕事する様子が見えたりするアクティビティがほとんどなんです。

せっかく一緒にキッザニアに行ったなら、ぜひお子さんの雄姿を写真に収めてあげてください。

お子さんが大きくなってくるに連れて、写真を撮る機会が減ってくるという方は多いのではないでしょうか?

キッザニアで撮った写真をお子さんの成長記録として、残してあげてみてはどうでしょう?

お土産を買っておく

お友達や近所の人に、お土産を買っていくのも、遊園地・テーマパークに行く楽しみの1つですよね。

お子さんがお仕事体験中に暇になってしまったら、その時間でお土産を選んでみてはいかがでしょう?

キッザニアのお土産売り場には、オリジナルのお菓子やキーホルダーなどはもちろんのこと、

お子さんの友達に喜ばれそうな文具なども多数取り揃えられています。

お子さんの手が離れている間に、ある程度候補を決めておけると、スムーズにお買い物ができると思います。

キッザニア園内を散歩してみる

キッザニアは、とても作りのこんだテーマパークです。

2/3サイズに作りこまれた街並みや、車、看板など、見ているだけでもとってもも楽しいですよ。

実際に園内を散策してみれば、きっと色々な発見があるはずです。

面白いものを見つけた時には、ぜひお子さんにも教えてあげてくださいね♪

初めての子・小さい子を連れて行く場合

初めてキッザニアに行くお子さん・低年齢のお子さんを連れていかれる場合、最初から何もかも1人でやるのは、難しい場合も多いと思います。

キッザニアは、最終的には、お子さんが自分で考えて自ら行動をすることを目指している施設ですが、託児所や保育園とは違います。

パビリオン内で体験をしている間はスタッフさんが全面的にサポートしてくれます。

しかし、アクティビティをアクティビティを探したり、予約時間になったらパビリオンに行くということは、お子さん自らが管理するか、保護者がサポートする必要があります。

初めてのお子さん、低年齢のお子さんを連れていく時の、保護者の役割について書いていきたいと思います。

お子さんのスケジュール管理をする

未就学~小学校低学年くらいのお子さんがキッザニアに行く場合、まだ時計の読み方がよく分からなかったり、次の予約までどのくらい時間に余裕があるかなど分からないこともあるかと思います。

予約の時間にパビリオン前に集合出来るように、サポートしてあげてください。

予約までの空き時間なども、どのくらいの時間があれば何が出来るのか?なかなか分かりずらいかと思います。

そのあたりも上手にサポートしてあげられると、同じ時間の中でも、より濃い体験が出来るのではないかと思います。

空き時間の活用法に関しては、下記の記事にまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

次に体験するアクティビティを探す

お子さんがアクティビティを体験している間に、次に体験するアクティビティを見つけておいてあげると、スムーズに行動出来ます。

キッザニアは、狭い敷地内に60前後のパビリオンがひしめき合っている為、非常に入り組んでいます。

初めて行かれる方は、園内を一通り歩いてみて、お子さんのやりたいアクティビティの場所を確認してみるといいですね。

体験が始まる前に、大体の終了時間を教えていただけるので、ちょうど今入っているアクティビティが終わるくらいの時間に始まるアクティビティを探せるといいですね。

食事を準備しておく

キッザニアに行く日は基本的に、1部は昼食、2部は夕食を園内で済ますことになります。

お昼時、夕飯時が近づいたら、お子さんがアクティビティ体験中に、食事を買って準備しておいてあげると、時間を有効に使えます。

キッザニア東京内で購入できる食事や、食事を作ることができるアクティビティについては下記の記事にまとめています。

お子さんがある程度1人で行動できる場合

お子さんがある程度自分で時間の管理が出来るようになったり、キッザニアに慣れてきたりすれば、ほぼ保護者のサポートが必要なくなる日が来るかと思います。

そんな時には、保護者は自分の時間を楽しむことが出来るようになってきます。

保護者サポートがほぼ必要なくなったお子さんを連れて行く場合の、保護者の過ごし方をご紹介していきますね。

ラウンジなどでのんびり過ごす

キッザニアには、「保護者ラウンジ」と呼ばれる、大人専用の空間があります。

保護者ラウンジには、パソコンや無料Wi-Fi、保護者向けの雑誌などが用意されていて、利用料は無料です。

300円(税込)を支払えば、ドリンクバーも利用可能。

好きな本を読んだり、パソコンで調べものをしてみたりと、ゆったりした時間を楽しむことが出来ます。

一時退出する

  • お子さん全員が小学生以上
  • 未就学時でも大人2名以上で来ていて、1名以上園内に残れる

という条件のいずれかを満たしていれば、保護者の一時退園が可能です。

キッザニアはららぽーとという大型商業施設の中にあります。

ららぽーとでショッピングやお茶を楽しむのも良し。

楽しみ方の幅が広がりますよ♪

一時退園した場合、1部は14:30、2部は20:30までに園内に戻る必要がありますので、ご注意ください。

キッザニア内での保護者の過ごし方まとめ

キッザニアに付き添いで行く保護者の楽しみ方や役割についてまとめてみました。

遊子の子どもはまだ小学校低学年と、幼稚園児なので、毎回マネージャーとしてキッザニア園内を歩き回っています。

私は、子ども達が1つでも多くの体験を出来れば嬉しいと思っているので、そういった行動も楽しいですが、正直なところ体力はすごく消費しますね(笑)

子ども達がもう少し自立して自分たちで動けるようになってきたら、

その間にラウンジでのんびりしてみたり、ショッピングをしてみたりという楽しみ方もしてみたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です